自分の結婚相手の浮気が見つかった

調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が見つかったならば、離婚するか気づかないままにするのか迷って決められないですよね。そうならないように、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、自分の損得を考えるのが先決です。夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、自分の配偶者とその不倫相手に対して慰謝料を請求し、結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。
探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。
実費とは具体的には交通費や写真撮影にかかる費用などですが、張り込み時の食事代が加算される場合も少なくありません。
一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、費用を算出します。
浮気調査を行う期間が短ければ請求額も少額となります。
浮気の根拠を手にするには、探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。
でも、探偵へ依頼すると結構なお値段なので、あらゆる人が簡単に頼むことのできるものではありません。
探偵に浮気調査を頼んだとしたら、必要となるお金はどのくらいになるのでしょう?探偵事務所の違いで調査料は変わってきますから、依頼前に一度見積もりをしてもらうとよいでしょう。浮気の調査を探偵に任せ、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。相手が信頼できなくなってしまったら一生を共にするのは相当な心の重荷になりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。
さらに、原因である不倫の相手に慰謝料を求めれば、別れさせることも難しくはありません。
相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚の必要性については考えるべきでしょう。
子供がいるご夫婦の場合は特に旦那、妻の浮気が発覚したからといって離婚などそう簡単にすることなどできません。
請求することのできる養育費も少額な事が多いですし、理由をつけて支払われないことも多いですから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。
男手一つで育てる場合にもまた同様で仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。
探偵を比較したサイトはこちらから

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ